小豆島観光はホテル宿泊でゆっくりと

小豆島は瀬戸内海に浮かぶ観光スポットの多い島です。

紅葉シーズンに特に人気がある寒霞渓、1日に2回干潮時に現れる天使の散歩道とも言われるエンジェルロード、二十四の瞳映画村など盛りだくさんです。オリーブの生産地としても有名で、そうめんの町とも呼ばれグルメでも楽しめます。小豆島へは、本州側からなら神戸新港・姫路港・新岡山港・日生港・宇野港の5つの港からフェリーか旅客船で訪れることになります。

どこの港からも1時間から1時間30分程かかり、船旅を楽しむには最適です。小豆島には電車がないので、バス・タクシー・レンタカーなどを使用しないと多くの観光スポットは回れません。フェリーで自家用車を渡すのもある程度の人数であればお得な場合もあります。せっかく小豆島に来たなら宿泊をしてゆっくりと観光したいものです。小豆島最大の玄関口である土庄港周辺には、多くの宿泊施設が集まっています。リーズナブルなビジネスホテルや民宿からリゾートホテルまでニーズに応じて選べます。

高松との拠点となる池田港や島の北部に位置する大部港などにもホテルをはじめとする宿泊施設が揃っています。訪れたい観光スポットの拠点となるようホテル選びをすることは重要です。他の主要観光地よりも比較的リーズナブルな宿泊料金であるところが多いです。しかし、旅行の計画を立てる際は、フェリーや旅客船の料金や島内の移動にかかる料金を考慮したトータル的な費用に注視した方が良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *