小豆島のホテルで地中海気分を味わう

映画化された小説「二十四の瞳」の舞台となったことで知られる小豆島は、瀬戸内海にある島です。

香川県に属して、県庁所在地の高松市から約20kmの沖合にあり、瀬戸内海の島々のうち2番目に大きな島です。オリーブの名産地としても有名ですが、多くの観光スポットを有する瀬戸内海観光の代表的な場所でもあります。代表的な観光スポットとしては、ギリシャ風車のあるオリーブ公園、地中海でバカンスを楽しんでいるような感覚を味わえるオリーブビーチ、1日に2回官庁の時だけに表れるエンジェルロードなどがあげられます。

エンジェルロードを大切な人と手をつないで歩くと、天使が舞い降りてきて願いをかなえてくれると言われています。このような観光スポットを有する小豆島には、毎年多くの環境客が訪れます。そのため、島内には40軒を超えるホテルなどの宿泊施設があります。小豆島の宿泊施設の特徴は、ヨーロッパのリゾートホテルを思わせる近代的なホテルやこぢんまりとした和風の旅館タイプのものまでバラエティに富み、選択肢が広いことです。

特に、ホテルでは瀬戸内海の景観を楽しめるリゾートタイプのものがあり、ニースなどの地中海リゾート地でバカンス気分を楽しめます。料理も地元の新鮮な魚介類などを中心に味わうことができます。現代の観光地では必須と言えるWifiなどの設備や、アメニティグッズも整っているホテルがほとんどで安心して宿泊することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *